法要のご案内 --- ご参拝 / Rituals Visiting

年間の法要の予定とお参りや拝観に来られた方々が、ご参拝いただける主な法会(ほうえ)をご紹介します。 ぜひ、ご参拝ください。

生身供(しょうじんく)

毎日 午前6時 御影堂 | 毎日


お舎利さん、として親しまれる生身供

弘法大師空海の住房だった御影堂で、毎朝6時から、一の膳、二の膳、お茶をお供えする、生身供がはじまります。ご参拝の方は、午前5時50分ごろまでに御影堂の唐門、または西門前にお越しください。10回の鐘の音の後、門が開きます。そのあとは、毎日お参りに来ている方々にならい御影堂の外陣(げじん)へ。
法要の最後には、弘法大師空海が持ち帰った仏舎利を頭と両手にお授けします。
お舎利さん(仏舎利)のお授けは、午前6時20分頃と午前7時20分頃の2回です。

大般若会(だいはんにゃえ)

毎月1日 午前10時 御影堂 | 毎月一日

600巻もの大般若経を転読する大般若会

仏の教えを綴った600巻の大般若経を転読し、国家安穏、五穀豊穰、一人一人の家内安全を祈念する法要です。ご参拝の方は、御影堂の外陣にお上がりください。僧が退堂したあと、順番に結界(けっかい)の前にお進みください。大般若経を頭にそっとお授けします。仏の智慧をいただいてお帰りください。

お逮夜(たいや)

毎月20日 午後2時 御影堂 | 毎月二十日

弘法大師空海がご入定(にゅうじょう)になった前日のお逮夜の法要

弘法大師空海が高野山奥の院にご入定になった21日には御影供(みえいく)という法要を行います。
その前日に御影堂で行う法要です。御影堂の外陣にお上がりいただけます。

御影供(みえいく)

毎月21日 午前10時 御影堂 | 毎月二十一日



弘法大師空海がご入定になった21日の御影供

承和2年、835年3月21日、高野山奥の院に弘法大師空海はご入定になりました。新暦の4月21日にあたります。毎月21日には御影堂で報恩感謝の法要を行います。御影堂の外陣にお上がりいただけます。
なお、毎月21日は境内全域で弘法市が開かれます。

回向(えこう)法要

毎月21日 大日堂 午後1時/午後2時30分/午後3時30分 | 毎月二十一日


先祖供養の法要、回向法要

御影堂と向いあうように大日堂があります。大日堂は、嵯峨天皇をはじめ足利尊氏などのご位牌を納める尊牌堂(そんぱいどう)。ご先祖の供養を行うお堂です。先祖供養の回向を申し込まれた方はご入堂いただけます。

八幡宮護摩供(ごまく)

毎月21日 鎮守八幡宮 午前10時/午後1時 | 毎月二十一日

鎮守八幡宮の本尊を供養する八幡宮護摩供

弘法大師空海が彫ったと伝えられる秘仏の僧形八幡神(そうぎょうはちまんしん)と二体の女神(じょしん)。そして武内宿禰(たけのうちのすくね)を供養し、豊楽と平安を願う護摩供です。社殿の外からその様子をご覧いただけます。

布薩会(ふさつえ)

4月/ 5月/ 7月/ 9月/ 10月/ 12月の15日 午後2時 御影堂 | 年六回

僧とともに日々の生活を反省する布薩会

僧とともに、日々の行いを反省し、心を洗う法要です。御影堂の外陣にお上がりいただき、僧と同じ作法で、心を洗い清めてください。

平成28年(2016年)の行事予定

睦月(1月)

日付行事場所-
1月1日初詣--
大般若会御影堂午前10時
八幡宮護摩供鎮守八幡宮午前10時、午後1時
新春特別公開観智院と五重塔初層1月5日まで
3日修正会(しゅしょうえ)御影堂午後1時
厄除けの御宝印を祈願し、堂内の柱、僧の頭に朱印を押していきます。その後、御影堂の南側で御宝印を授けます。
供養料:500円
8日後七日御修法(ごしちにちしほ)灌頂院14日までの7日間
宮中真言院で弘法大師空海によってはじめられた正月行事です。真言宗の最高の儀式で、真言宗各派が一堂に集まり、鎮護国家、五穀豊穰、国土豊穰を祈ります。秘法のため灌頂院道場への入堂はできませんが、上堂と退堂の列をご参拝いただけます。
20日お逮夜(たいや)御影堂午後2時
21日初弘法(はつこうぼう)--
御影供御影堂午前10時
回向法要大日堂午後1時
八幡宮護摩供鎮守八幡宮午前10時、午後1時
28日講堂修正会(こうどうしゅしょうえ)講堂午前10時
厄除けの御宝印を祈願し、講堂の須弥壇、堂内の柱、僧の頭に御宝印を押していきます。その後、講堂の西側で御宝印を授けます。
供養料:500円

如月(2月)

日付行事場所-
2月1日大般若会御影堂午前10時
3日星祭り[節分会]御影堂午後2時
生まれ年によってめぐってくる九曜星の吉凶の星を供養し、除災招福を祈る法要です。
15日涅槃会(ねはんえ)御影堂午後2時
20日お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

弥生(3月)

日付行事場所-
3月1日大般若会御影堂午前10時
15日人類平安、地球安泰、護摩祈願法要鎮守八幡宮午前10時
18日春の彼岸会大日堂午前9時30分~午後3時30分 24日までの7日間
20日春期特別公開-宝物館、観智院、五重塔を公開します。5月25日まで。
詳しくは特別展のお知らせをご覧ください。
お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

卯月(4月)

日付行事場所-
4月1日大般若会御影堂午前10時
10日献米法要御影堂・境内特設会場午前11時
15日布薩会御影堂午後2時
20日お逮夜御影堂午後2時
21日正御影供(しょうみえいく)-法要は御影供をご参照ください。
承和2年、835年の3月21日(旧暦)、弘法大師空海は、高野山奥の院にご入定になりました。新暦では4月21日。この日の法要を正御影供といいます。御影堂で弘法大師空海に報恩感謝する法要を行います。御影堂の外陣にお上がりいただけます。
灌頂院閼伽井(かんじょういんあかい)公開灌頂院午前10時~午後3時
年に一度、灌頂院の北門を開き、閼伽井に掛けた絵馬を公開します。向かって左が一昨年、右が去年、中央が本年となります。馬の体躯により経済の成長や豊作を占います。

皐月(5月)

日付行事場所-
5月1日大般若会御影堂午前10時
3日稲荷還幸祭(いなりかんこうさい)慶賀門午後2時
伏見稲荷の神様をお出迎えする儀式です。当日、五基のご神輿は供奉列を従え、東寺の慶賀門に到着します。その後、京都市内を巡行します。
20日お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

水無月(6月)

日付行事場所-
6月1日大般若会御影堂午前10時
15日弘法大師降誕会(こうぼうだいしごうたんえ)御影堂午前10時
弘法大師空海は宝亀5年、774年に讃岐、現在の香川県でお生まれになりました。御影堂では報恩感謝の法要が行われ、洛南高校の吹奏楽部の生徒たちが奏でる音楽のなか、西京極幼稚園、七条幼稚園、東寺保育園の園児たちが、弘法大師空海にお祝いの言葉を伝えます。明るく、未来を感じられる法要です。
20日お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

文月(7月)

日付行事場所-
7月1日大般若会御影堂午前10時
15日布薩会御影堂午後2時
20日お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

葉月(8月)

日付行事場所-
8月1日大般若会御影堂午前10時
12日精霊会(しょうりょうえ)大日堂午前7時
13日盂蘭盆会(うらぼんえ)大日堂午前9時30分~午後3時30分 15日まで3日間
20日万燈会(まんどうえ)・盆踊り大会大日堂午後6時
精霊を供養する法要です。境内には盆踊りのやぐらが組まれ、盆踊りを行います。どなたでもご参加いただけます。
お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

長月(9月)

日付行事場所-
9月1日大般若会御影堂午前10時
15日布薩会御影堂午後2時
20日秋の彼岸会大日堂午前9時30分~午後3時30分 26日までの7日間
秋期特別公開-宝物館、観智院を公開します。11月25日まで。
詳しくは特別展のお知らせをご覧ください。
お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

神無月(10月)

日付行事場所-
10月1日大般若会御影堂午前10時
15日布薩会御影堂午後2時
20日お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

霜月(11月)

日付行事場所-
11月1日大般若会御影堂午前10時
15日お火焚き法要鎮守八幡宮午前10時
20日お逮夜御影堂午後2時
21日御影供--

師走(12月)

日付行事場所-
12月1日大般若会御影堂午前10時
15日布薩会御影堂午後2時
20日お逮夜御影堂午後2時
21日終弘法(しまいこうぼう)(御影供)御影堂-