天、菩薩、明王、如来 / Ten, Bosatsu, Myo-ou, Nyorai


国宝 帝釈天(たいしゃくてん)坐像 平安時代 木造彩色

持国天(じこくてん)の気迫
Jikoku-ten, the Guardian King protecting Buddha


国宝 持国天立像 平安時代 木造彩色

東から講堂に入ると、最初に出迎えてくれるのが、持国天。
増長天(ぞうちょうてん)、広目天(こうもくてん)、多聞天(たもんてん)とともに、四天王と呼ばれる守護神です。
須弥壇(しゅみだん)、東側の梵天(ぼんてん)、西側の帝釈天(たいしゃくてん)を加えた六尊の守護神が、講堂の十五尊の如来、菩薩、明王を守っています。
仏教では、天は、人間と仏の間に存在します。
地獄、餓鬼(がき)、畜生(ちくしょう)、阿修羅(あしゅら)、人間、天、声聞(しょうもん)、縁覚(えんがく)、菩薩、如来という、心の状態を表した、十界(じゅっかい)のなかにあります。


国宝 梵天(ぼんてん)坐像 平安時代 木造彩色

仏の教えを実践する者、それが菩薩
Bosatsu, the human person with the mind of Buddha

おだやかな表情をしているのが、密教の仏さま、金剛波羅蜜多菩薩(こんごうはらみったぼさつ)を中心にした五大菩薩(ごだいぼさつ)。悟りを求める者の姿です。
十界では、天の先、声聞、縁覚、菩薩、如来が悟りの領域です。声聞は、真実の声を聞こうとする心の状態をいい、縁覚はすべてのものを縁として悟ろうとする心の状態をいいます。
そして菩薩とは、仏の教えを実践する人をいいます。
母親が子供に対して無償の愛情を注ぐ、見返りのない、その心が、菩薩の心だといわれています。


左・国宝 金剛法菩薩(こんごうほうぼさつ)坐像 平安時代 木造漆箔
右・国宝 金剛波羅蜜多菩薩(こんごうはらみったぼさつ)坐像 室町時代 木造漆箔

わが国最古の不動明王が語るもの
The earliest existing Fudo-Myo-ou in Japan


国宝 不動明王(ふどうみょうおう)坐像 平安時代 木造彩色

座して剣を持つ不動明王。思わず息を止めてしまうほどの迫力です。
忿怒(ふんぬ)の形相、右手には宝剣(ほうけん)、左手には羂索(けんさく)をにぎり、真っ赤な火焔(かえん)を背負っています。
何本もの手や足、いくつもの目をむいた四尊の明王たちが、不動明王を囲んでいます。
これが五大明王。恐ろしい姿ですが、れっきとした仏さま。大日如来の化身(けしん)です。
剣に注目してください。持国天の剣は、片刃。対峙する人に向けられています。
一方、明王の剣は、諸刃(もろは)。刃は外に向き、内に向いています。
明王は命がけで人を救おうとしています。
救われようとする人も命がけで向かわなくてはいけない、と、剣は示しています。


国宝 大威徳明王(だいいとくみょうおう)坐像 平安時代 木造彩色

すべてが、大日如来の化身
The incarnation of Dainichi-Nyorai

講堂の中心でひときわ、輝きを放っているのが、大日如来です。
大日如来は、智拳印(ちけんいん)という印を結んでいます。これは金剛界の大日如来の印。
いっさいのものを大日如来の智慧で包み込むという意味を示しています。
その周りを阿閦如来(あしゅくにょらい)、宝生如来(ほうしょうにょらい)、阿弥陀如来(あみだにょらい)、不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)が囲んでいます。
これが五智如来です。
如来は悟りを得た状態を表しています。そのため服装は簡素。
しかし、大日如来だけ、菩薩のように宝冠(ほうかん)をかぶり、着飾っています。
それは、あるときは菩薩となり人々を導き、あるときは不動明王となり命がけで救う、積極的な姿を表しています。明王も菩薩も、すべての仏が大日如来の化身。
仰ぎ見る私たちもまた、生きながらに仏となれると、伝えているのです。